人生は短い イチニチは、24時間 世界をもっと知りたいんだ!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -
<< 365日空の旅 かけがえのない地球 | main | 曲阜の孔廟、孔林、孔府 >>
パックス・ロマーナ
JUGEMテーマ:旅行



2008年が始まった。
正月のお笑い特番に辟易するも、探すと実は結構いい番組が多い。

TBSの新春超歴史ミステリー
古代ローマ1000年史!!空前の巨大帝国全解明スペシャル
を見て、
『歴史から学ぶ』ということを考えさせられた。

世界遺産の本を興味本位で読み、覚え、
世界中の表面的なことは、時代時代でツカメてきたけど、
この番組みたいに、
『ローマ』という、
いわば『線』でその国の歴史や文化を追っていくと
そこで活躍した人物が、
どんな時代の流れの中で生きてきたか見えてきて
また違った面白さがあるし、
なにより『ヒト』って本当におもしれーって思える。

でも、
人間って、なんでこんなに同じ過ちを繰り返すんだろーと
客観的にその時は見ていても、
実は今の政治でも社会でも会社内でも同じことが起きていて、、

歴史上の人物の行動が、
こんな時どうすれば!?なんて時のヒントにもなる。


そこで、今日は『ガイウス・ユリウス・カエサル』。
 ※英語では、ジュリアス・シーザー(Julius Caesar)。

・カティリナの陰謀
・カエサルと愛人たち
・三頭政治
・ガリア戦記
・エジプトと東方鎮撫
・終身独裁官就任、そして暗殺

彼の武勇は尽きないのだけど、もっとも共感をしたのが、
パックス・ロマーナ(ローマの平和)の考え方。

元老院に支配された共和制が既に時代に合わないと感じると、
帝政という新しいシステムを導入しようとする。
農民をはじめとするローマ市民の意向を最も大切にして。

支配の仕方は変われど、
末端にいるユーザーにまで配慮のある運営。
これは現代でも大いに学ぶことができることではないだろうか。
うんうん。


カエサルは紀元前(B.C.)44年3月15日に暗殺されているが、
ちなみに、このB.C.

Before Christの略でキリスト誕生年を境にしていて、
西暦(A.D.)は、Anno Domini(「主の年に」の意) 。

日本では当たり前のように使っているけど、
もちろん、万国共通ではなく、中国やイスラム圏では別の暦がある。



今日は、日中天気もよかったので初詣。

赤坂の日枝神社に行ってみました。
おみくじも『吉』だったし、
気持ち新たに、一年がんばりたいと思います!


日枝神社

日枝神社

日枝神社


Posted by : Dainosuke★ | - | 01:31 | comments(1) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 01:31 | - | -
コメント
伏見稲荷大社のような社構えだね。
| aloha classic | 2008/01/07 10:12 AM |










この記事のトラックバックURL
http://dainosukejp.jugem.jp/trackback/54
TOP